【キズナバ】春がやってきた~!!

あれ?いつの間にかゴールデンウィークだぁ!


ということで、新年度一か月の様子をご紹介します!


新メンバーの構成では、昨年度とは雰囲気がまた変わりました。


去年はコロナでできないこともたくさんありましたが、新規の子も継続の子も特に5年生がしっかりしている子が多く、全体的に「なんか始めてみようかな」っていう前向きな雰囲気が伝わってきています。今年は子どもたちの活躍の場をたくさん作れたらと思います。


また、低学年も増えてきまして、低学年向けのプログラムも充実させていきます!

今年の1年生は出身保育所が全員バラバラなんですが、それぞれの個性が絡み合って、笑いが絶えません。とても仲がいいです。そんな様子を見ていて、クラス替えもなく、じっくり付き合っていけるお友達・環境で6年間過ごすってイイかも💛って最近思っています。






春休みと1年生の下校時間が早いのを利用して、4月はみんなで遊んだりする時間を大事にしました。


写真は、初日の自己紹介後の“けーどろ”




第1回目の1年生のレクの様子。

「宝探し」に決まりました。自分のお宝を作って隠し、お友達のを見つける。「メダル作れるから、1位の子にあげる!」とか、「僕はエメラルド作る」とか、いろんなアイデアで楽しめました。このレク後も一週間くらいハマって自分たちで遊んでたみたいです(笑)



1・2年生はスーパー紙飛行機を折り中です。2年生は、先輩になりました。1年生に教えられるのか?!

でも、逆に教えられているシーンも…(笑)


まだ初めてだもんね(^_-)-☆

これからに期待だ!!




------------------------------

最近思うのは、昔はクラブを卒所してしまうと顔を合わせてもプイッって子が多かったんですが、ここ数年は、友児もキズナバも時々顔を見せに来てくれたり、卒所した子もよく声をかけてくれたりってことが増えていること。

この前は、春休みに中2になった女の子たちが顔を見せに来てくれて、「学童のフェスも楽しみにしていたのに!」ってコロナで中止になったのをとても残念がっていました。行事やボランティアなどの卒所生の活躍の土台ができてきたところだったのに、私たちもすごく残念です。


5/1の土曜保育では、公園に今年中学に上がった子たちが遊んでいて(数年前に卒所)、子ども同士は顔見知りではないですが、「中学生VS.小学生やろう!」って、鬼ごっこやドッジビーで一緒に遊びました。


結構ヤンチャしていた子たちが、年下相手に何も言わずとも手加減も自分たちで考えてくれて、私は感心してしまいました。そういう成長した姿が見れるのはうれしいことですね。



また、保護者の方にも卒業式に挨拶に来ていただいたり、おもちゃやホッカイロ、本、卓球台などご寄付など、ご支援いただきました。本当にありがとうございますm(__)m



保育をしている子どもたちはもちろん、クラブを巣立っていった子たちの姿も私たちの励みになることに気づかされたゴールデンウイークとなりました。



コロナなんかに負けない!

みんな一歩ずつ成長しているんだ!!


0件のコメント

最新記事

すべて表示

 Copyright © 2016-2019 NPO KIZUNABASE. All Rights Reserved.